社会資本整備総合交付金について

 地方公共団体が「活力創出」、「水の安全・安心基盤整備」、「市街地整備」、「地域住宅支援」といった政策目的を実現するため社会資本総合整備計画を作成し、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業やソフト事業を総合的・一体的に整備することを目的に創設されたものです。

社会資本総合整備計画について

 平成22年度に新たに国の交付金として、「社会資本整備総合交付金」制度が創設されました。階上町では、この交付金の「水の安全・安心基盤整備」分野の事業として、石鉢・赤保内処理区の石鉢分区の下水道未普及地区の解消に向けた整備促進を図っていきます。

 社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成し国土交通大臣に提出することになっており、また、これを公表するものとなっています。

 

 詳細は添付ファイルをご覧ください。

 

 平成27年度(2015年度)から平成31年度(2019年度)までの計画 

  社会資本総合整備計画〔階上町における循環のみちの実現〕(当初).pdf [4776KB pdfファイル] 

    社会資本総合整備計画〔階上町における循環のみちの実現〕(第1回変更).pdf [802KB pdfファイル] 

  社会資本総合整備計画〔階上町における循環のみちの実現〕(第2回変更).pdf [803KB pdfファイル] 

  社会資本総合整備計画〔階上町における循環のみちの実現〕交付金の執行状況.pdf [ 64 KB pdfファイル] 

社会資本総合整備計画の事後評価について

 階上町では、計画期間を平成22年度から平成26年度までの5ヵ年とする社会資本総合整備計画を作成し、社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施しました。

 この事業期間が終了し、社会資本総合整備計画の目標実現状況等について事後評価を行いましたので、その結果を公表します。

 

 詳細は添付ファイルをご覧ください。

 社会資本総合整備計画(H22年度からH26年度 下水道事業)事後評価.pdf [4760KB pdfファイル]