町の概要

 朝日

 豊かな恵みをもたらす太平洋。

 つつじが赤々と咲き乱れる階上岳。

 その海と森に囲まれた、県内で一番早く朝日の昇る「ひかり生す」まち、階上町。

  多くの縄文遺跡が点在する信仰の地として、1290年以上の歴史と文化を誇っています。

 

 

 灯台 

見どころは、海岸と階上灯台付近に芝生が敷き詰められた廿一平の広場。海の青、芝生の緑そして灯台の白というコントラストは絶景です。7月下旬の「いちご煮祭り」の会場としても知られ、大勢の家族連れで賑わいます。

 

 

 

階上岳 

 もう一つの見どころは、標高740mの階上岳です。

 8合目の大開平には、天然のつつじが群生し、花盛りを迎える6月上旬には、登山客の姿が後を絶ちません。

 6月上旬には「臥牛山まつり」も行われ、ジンギスカンなどでイベントが盛り上がります。

 

階上町の位置・面積

町域極東 東経141度41分
極西

東経141度31分8秒

極南 北緯40度21分32秒
極北 北緯40度28分47秒
東西 14km
南北 13km
面積 94.01平方キロメートル

気象概況

区分 降水量 気温(℃) 風速(m/s) 日照時間 最深積雪
(mm) 平均 最高 最低 平均 最大 (h) (cm)
平成25年

1,023.5

10.3 35.0 -10.1 5.0 23.5 1,807.5 31
  26年 1,128.5 10.4 34.9 -10.2 5.0 20.3 2,011.1 61
  27年 912.5 11.3 36.1 -7.4 5.1 22.2 1,881.2 9
  28年 1,042.0 10.9 34.9 -8.1 5.0 25.9 1,910.0 9
  29年 1,023.0 10.5 35.8 -8.9 5.0 28.9 1,879.5

26

(気象庁ホームページより)