証明事項

 町・県民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税の納税状況に関する証明書です。

 

軽自動車税納税証明書(継続検査用)について

 本来、納税通知書を使い納付されると、あらかじめ添付されていた書類が納税証明書となります。口座振替で納付されている方は、納付確認後、毎年5月中旬に軽自動車税納税証明書(継続検査用)が送付されます。 

注意事項

 次のような場合は通知書を使い納付されても納税証明にはなりません。

  1. 過年度に納め忘れがある場合

  2. 郵便払込用紙を使い納付された場合

  3. 口座振替の登録をされていても振替不能になり、後日送付された納付書で納付された場合

軽自動車税納税証明書(継続検査用)の再発行について

 軽自動車税納税証明書(継続検査用)を発行する場合の必要書類等

  1. 申請書

  2. 自動車検査証の原本またはコピー

  3. 申請者の印鑑

 

※申請書に車両ナンバー記載欄があります。車両ナンバーは省略せず、すべて記載してください。 
 記載例:良い例「八戸580あ0152」 悪い例「あ0152」・「0152」

※自動車検査証がなくとも発行可能ですが、自動車検査証に記載されている交付年月日が購入された年の4月1日以降に登録された車の場合は、必ず自動車検査証を持参してくださるようお願いします。

※過年度に納め忘れがある方は、未納分に関して納付確認をしてからの申請となります。

※自動車検査証を持参または車両ナンバーを正しく記載していれば、本人確認・委任状なしで取得可能です。