開発行為とは?

 「開発行為」とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいいます。開発行為で、規模が1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満である場合は階上町開発指導要綱により協議していただくことになりますので、図面等をご持参のうえ、建設課へご相談ください。

区画形質の変更とは?

  • 切土をする行為。
  • 盛土をする行為。
  • 切盛土をする行為。
  • 宅地以外の土地を利用する行為。
  • 道路を新設、変更又は廃止する行為。

許可不要の開発行為

 都市計画法第29条第1項に列記されている「開発行為」は許可不要とされていますが、事前協議や届け出が必要となる場合がありますので、必ず建設課へご相談ください。