町では、住民の利便性の向上、行政手続きの簡素化・効率化を目的として、申請書等の押印の見直しを行っています。

これにより一部の申請書等について、押印が不要となり、町への申請がより簡単になります。

 押印が不要となる申請書等の一覧

施設の使用に係る申請書等について、署名及び記名に関わらず、押印の省略を試験的に開始します。

対象となる申請書等はこちらです。⇒一覧表 [121KB pdfファイル] 

※署名:自己の氏名を手書き(署名)すること

 記名:代筆や印刷されたものなどにより、氏名を記すこと

押印省略の開始日

平成30年4月1日以降の申請書から適用とします。

今後の取り組み

施設の使用に係る申請書等だけでなく、他の手続きにおいても順次見直しを行います。