ハチと偶然出くわしても、いきなり刺されることはまずありません。しかし誤って巣に近づいて刺激すると、巣を守るために攻撃してきます。ハチから身を守るためにもハチの特性を知り、適正な対応をとりましょう。

階上町でよく見られるハチ

 スズメバチ

 7~9月頃にかけて働きバチが増加し、巣はどんどん大きくなっていきます。巣は1年で使い捨てられ、同じ巣を翌年に使うことはありません。町ではキイロスズメバチがよくみられますが、攻撃性はかなり強く、巣を刺激した場合は集団で攻撃され死に至ることがあるため、むやみに刺激するのはやめましょう。

   

 
 アシナガバチ

 スズメバチと同じく、7月から9月頃にかけてよく見られます。普段は益虫として毛虫などを食べてくれます。人に対する攻撃性はほとんどありませんが、巣を守る習性があるため巣を刺激したりすると攻撃されます。攻撃性、毒性ともにスズメバチより弱いですが、十分に注意が必要です。

    

 
 ミツバチ

 スズメバチなどに比べるととてもおとなしく、ハチ本体を刺激しない限り攻撃されることはほとんどありません。夏場にかけて群れが庭木の枝などに大量に集まることがありますが、攻撃性はほとんどなく、1日から2日すれば飛び去ります。おとなしいハチですが、むやみに刺激することのないよう気を付けてください。

   

 

駆除について

 原則として、駆除は巣のある土地、建物等の所有者の方に対応していただくこととなります。しかし所有者不明の土地や建物に巣があり危険を伴う場合は、町民生活課までご連絡ください。

個人で駆除する場合

 町民生活課ではスズメバチ用の防護服を貸出ししております。希望される方は電話連絡のうえ町民生活課にて受付してください。

個人で駆除が困難な場合

 民間の業者に相談することをお勧めしております。