調査の概要

 総務省統計局では、令和4年10月1日現在で就業構造基本調査を実施します。

 この調査は、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的として、統計法に基づき実施する国の重要な統計調査です。

 9月上旬から、調査員が調査地域の各世帯を訪問しますので、調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いいたします。

 

調査対象

 統計理論に基づく方法によって全国から無作為に選ばれた県内約9,440世帯(全国約54万世帯)のうち、15歳以上の世帯員約2万人(全国約108万人)が対象となります。

 

主な調査事項

  • 男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
  • ふだん仕事をしている人:雇用契約期間、仕事内容、1週間の就業時間など
  • ふだん仕事をしていない人:就職希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など
 

調査の流れ

9月上旬~中旬

 調査員が調査対象となった地域にお住まいの全ての世帯を訪問し、調査の周知、名簿の作成等を行います。

9月中旬~下旬

 調査員が調査世帯を訪問した上で、調査書類を配布し、調査への回答を依頼します。

10月10日(月曜日)まで

 次のいずれかの方法により回答してください。

  1. インターネットによる回答
  2. 紙の調査票による回答(郵送提出)
  3. 紙の調査票による回答(調査員への提出)

その他