後期高齢者医療の被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染したこと等により療養のため就労できない場合に傷病手当金を支給します。

1.支給対象者(以下の条件を全て満たす方)

  (1) 勤務先から給与等の支払いを受けている方で、新型コロナウイルス感染症に感染し、または

    発熱等の症状があり感染が疑われる方

  (2) 新型コロナウイルス感染症に感染し、または感染の疑いにより療養のため就労できない期間

    が3日を超える方

  (3) 就労できない期間に対する給与等の支払いを全部または一部受けられない方

2.支給対象期間

 就労できなくなった日から起算して3日を経過した日(4日目)から就労できない期間のうち就労を予定していた日数

3.支給額

 支給額 = 直近の継続した3月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額 × 2/3 × 支給対象期間の日数

4.適用期間

 令和2年1月1日から令和2年12月31日の間で就労できない期間(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6月まで)

  ※適用期間が、令和2年9月30日までから令和2年12月31日までに延長されました。

5.申請方法

 申請を希望する場合の窓口は青森県後期高齢者医療広域連合となります。申請方法は郵送による受け付けのみとなりますので、必ず事前に電話でお問い合わせください。

 青森県後期高齢者医療広域連合 017-721-3821

 青森県後期高齢者医療広域連合ホームページ(傷病手当金)