B型肝炎とは?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、感染したままの状態が続く場合(キャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、慢性肝炎が続くと肝硬変や肝がんへと重症化することもあります。

ワクチンの接種により体内にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(抗体)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎の予防ができるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。

対象者

平成28年4月1日以降生まれの方で、1歳に至るまでの方

平成28年4月から9月までに出生したお子さんへは、9月中旬以降お知らせ及び予診票を郵送します。

※既に任意接種としてB型肝炎ワクチンを接種している方は、その回数分対象から除かれます。例えば、任意で2回接種済みの方は、残り1回が対象となります。

※母子感染予防として、健康保険適用によりB型肝炎ワクチンを接種したことのある方は対象から除かれます。

接種について

標準的な接種期間を生後2か月から生後9か月に至るまでとして、27日以上の間隔をおいて0.25mlを2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて0.25mlを1回接種します。

平成28年4月1日生まれの場合、3回目の接種期限が平成29年3月31日(1歳の誕生日の前日)となります。定期接種期間内に全3回の接種を終えるためには、1回目を平成28年11月11日までに接種しなければなりません。

費用

無料(全額公費負担)※平成28年10月1日から

接種場所

受託医療機関 [81KB pdfファイル] での個別接種