概要

 工業統計調査は、我が国における工業の実態を明らかにすることを目的とする政府の重要な調査で、統計法に基づく報告義務のある基幹統計調査です。

 調査の結果は、中小企業施策や地域振興など、国および地域行政施策のための基礎資料として利活用されます。

 調査の趣旨・必要性をご理解いただき、ご回答よろしくお願いいたします。

調査対象

 従業員4人以上の全ての製造事業所

調査方法

 調査員が訪問し、直接または郵送にて調査書類を配布します。

 インターネットで回答いただくか、紙の調査票に記入していただき、郵送にてご提出ください。

※今年から調査員調査の回答方法が、インターネットでの回答または郵送による提出に変更となりました。

調査期間等

  • 調査期間:令和2年5月1日(金曜日)から令和2年6月30日(火曜日)まで

  • 調査期日:令和2年6月1日(月曜日)

その他

  • 同時に実施している経済構造実態調査の対象事業所・企業等におかれましては、両調査にご回答お願いします。

  • 調査票にご記入いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用することは絶対にありません。

  • 工業統計調査実施事務局ホームページ(リンク)