児童を保育するために必要な費用は、保護者が納入した保育料と税金によりまかなわれています。

 保育料の納期限は、毎月25日です。納付が遅れますと、督促手数料及び延滞金等により納めるのが困難になっていきますので、期限までに納付くださいますようお願いいたします。

保育料の算定方法は?

  • 保育料は、入所児童と同一世帯に属して生計を一にしている父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る。)の市町村民税額の合計により町が決定しています。

   階上町家計の主宰者認定基準.pdf [106KB pdfファイル] 

   平成30年度 利用者負担額(保育料).pdf [115KB pdfファイル] 

  • 市町村民税の賦課時期が毎年6月のため、年度内に保育料の切り替えがあります。

保育料の対象月 算定に必要な市町村民税額の年度
平成30年4月分から8月分まで 平成29年度市町村民税の税額
平成30年9月分から平成31年3月分まで 平成30年度市町村民税の税額

※平成30年1月1日時点で階上町に住所のない方は、平成30年度市町村民税の税額がわかる書類を平成30年6月末までに健康福祉課まで提出してください。

※保育料が変更となる場合は通知します。

※修正申告等により市町村民税額に変更があった場合は、利用開始日にさかのぼって保育料が変更となります。修正申告等されましたら、すみやかに健康福祉課までご連絡ください。

 

保育料の支払先は?

 利用する施設により支払先が変わります。

利用する施設 支払先
認定こども園 認定こども園へ支払
保育園 保育園へ支払(町が集金)
保育園 町から納付書を送付しますので、金融機関または会計課へ
新制度に移行する幼稚園 幼稚園へ支払

※保育料以外に1号認定は給食費等が徴収されるなど、施設によって必要な費用を徴収する場合がありますので、詳しくは各施設へお問い合わせください。

※新制度に移行しない幼稚園などは、各園が定める保育料を各園に支払います。