軽自動車の種類

 軽自動車税の対象となる軽自動車等は次のとおりです。

原動機付自転車

  1. 二輪で、総排気量が 125cc以下のもの
  2. ミニカー

小型特殊自動車

  1. 農耕用(トラクター、コンバインなど)
  2. その他(フォークリフトなど)

軽自動車

  1. 二輪で、総排気量が250cc以下のもの
  2. 三輪以上で、総排気量が660cc以下のもの
  3. 雪上車

二輪の小型自動車

二輪で、総排気量が250ccを超えるもの

税率

 平成28年度から、軽自動車税の税率が変わりました。

 軽自動車と小型の普通自動車との間の税負担水準の格差の見直し、グリーン化を進める観点などから、地方税法の一部が改正され、軽自動車税の標準税率が引き上げられました。改正後の税率と引き上げの時期は、次のとおりです。

 

原動機付自動車、小型特殊自動車、軽自動車(二輪、雪上車)、二輪の小型自動車

 平成28年度から、登録されている車両すべてに新税率が適用されます。

種別

現行税率

(平成27年度まで)

新税率    

(平成28年度から)

原動機付自転車

50cc以下

1,000円

 2,000円

90cc以下 1,200円  2,000円
125cc以下 1,600円  2,400円
ミニカー 2,500円  3,700円

小型特殊自動車

農耕用 1,600円  2,000円
その他 4,700円  5,900円

軽自動車

二輪 2,400円  3,600円
雪上車 2,400円  3,000円
二輪の小型自動車 4,000円  6,000円
軽自動車(三輪、四輪)

 平成27年度(重課税率は平成28年度)から、以下のいずれかの税率が適用されます。(最初の新規検査を受けた年月によって判断されます。)

 【参考】最初の新規検査…自動車検査証に記載されている「初度検査年月」及び「初度検査年」

種別

現行税率

新税率

重課税率※1

(平成28年度から)

軽自動車(三輪) 3,100円 3,900円 4,600円
軽自動車(四輪) 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

 現行税率…平成27年3月31日までに、最初の新規検査を受けた車両に適用されます。

 新税率 …平成27年4月1日以降に、最初の新規検査を受ける車両に適用されます。

 重課税率…平成28年4月1日時点で、最初の新規検査から13年を経過した車両に適用されます。

 

※1 重課税率について 

 グリーン化を進める観点から、環境負荷の大きい軽自動車に関して税率の概ね20%の重課が導入されます。また、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車については、重課税率が適用されません。以下の表は、重課税率が適用される年度の一例です。 

最初の検査年月

(自動車検査証に記載されている

「初度検査年月」及び「初度検査年」※2)

重課税率適用年度
平成14年まで 平成28年度から
平成15年

平成29年度から

平成15年10月から平成16年3月まで 平成29年度から
平成16年4月から平成17年3月まで 平成30年度から

※2 自動車検査証の様式が変更された平成15年10月14日以前の自動車検査証には、「初度検査年」までしか記載がなく「月」の把握ができないため、その年の12月に最初の新規検査を受けたものとみなされます。

 軽自動車(三輪、四輪)のグリーン化特例(軽課)について

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに新規取得した三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成30年度分の軽自動車税を軽減します。

種別 軽課税率
(a) (b) (c)
軽自動車(三輪) 1,000円 2,000円 3,000円
軽自動車(四輪) 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円

3,800円

 (a)電気自動車及び天然ガス自動車

 (b)乗 用…平成17年度排出ガス基準75%低減達成車のうち、平成32年度燃費基準値+30%達成車

   貨物用…平成17年度排出ガス基準75%低減達成車のうち、平成27年度燃費基準値+35%達成車

 (c)乗 用…平成17年度排出ガス基準75%低減達成車のうち、平成32年度燃費基準値+10%達成車

   貨物用…平成17年度排出ガス基準75%低減達成車のうち、平成27年度燃費基準値+15%達成車

 

納税義務者

 4月1日現在で、町内に主な定置場のある軽自動車等を所有している人です。

 このため、4月2日以降に所有した場合には、本年度分の税金はかかりませんが、同日以降に廃車などされても、本年度分の税金は、全額課税されることとなります。
 なお、割賦販売(分割払いを使った販売)で、所有権留保付きの場合は、買い主が所有者とみなされます。

主な定置場について

 主な定置場とは、軽自動車等を運行しないときに主に駐車している場所のことです。

 軽自動車等の種類ごとの定置場は次のようになります。

種 類

定   置   場

原動機付自転車

小型特殊自動車

所有者の住所地

軽自動車

自動車検査証または軽自動車届出済証に記載された「使用の本拠の位置地」

二輪の小型自動車

自動車検査証に記載された「使用の本拠の位置地」