中華人民共和国湖北省武漢市を中心に、昨年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が発生し、日本国内でも感染者が報告されています。

新型コロナウイルスをはじめとする感染症の最新情報は、随時更新されますので、関連する外部リンクにてご確認の上、感染予防に努めましょう。

新型コロナウイルス感染症とは

これまでに、ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

感染方法は、感染者の飛沫(くしゃみや咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する飛沫感染や感染者がくしゃみや咳を押さえた手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染する接触感染が考えられています。

日常生活で気を付けること

▷手洗い、咳エチケットの他、十分な睡眠とバランスのよい食事、適度な湿度を保つ等、一般的な感染症予防策に心がけましょう。

▷持病のある方、高齢の方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

▷発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休みましょう。

▷発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温測定して記録しましょう。

新型コロナウイルスに関する相談窓口
厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

  電話 0120-565653(フリーダイヤル)

  受付時間 9時00分~21時00分(土曜日、日曜日、祝日も実施)


青森県の電話相談窓口(コールセンター)

  電話 0120-123801(フリーダイヤル)

  受付時間 24時間(土曜日、日曜日、祝日も実施)


帰国者・接触者相談センター

帰国者・接触者相談センターでは、電話での相談を踏まえて、感染の疑いがある場合には、必要に応じて、「帰国者・接触者外来」を受診できるように受診調整を行います。

次のいずれかの症状がある方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)
  2. 強いだるさや息苦しさがある方
  • 重症化しやすい高齢者や基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)、透析を受けている、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている)がある方、妊娠されている方は、症状が2日程度続いたらご相談ください。

 (参考)新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安[ 115 KB pdfファイル]

 

○階上町に居住する方の帰国者・接触者相談センター  三戸地方保健所 電話 0178-27-5111

多くの人が集まるイベントや行事等の参加・開催について

▷多くの人が集まるイベントや行事等に参加される場合も、咳エチケットやこまめな手洗いなどの実施を心がけましょう。

▷行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討くださるようお願いします。

▷風邪症状があるときは、参加を控えるなど、感染拡大防止につながる行動にご協力くださるようお願いします。